旅行

神戸どうぶつ王国にはネコ科の動物がいっぱい!猫とのふれあいコーナーも!

うすー!だしんです〜!

昨年、神戸どうぶつ王国に夫婦で行ってきました。

だしん
だしん

ネコ科の動物多いなッ!

↑コレがだしん夫婦二人の感想でした。

猫好き夫婦としては「ネコ科は可愛いね😊行ってよかったね〜😊」と大歓喜な動物園観光となりました!

この記事では、

神戸どうぶつ王国で会えるネコ科の動物達について実際の写真を添えて紹介したいと思います。

猫中心ブログなので!
猫にフィーチャーした記事にしていくよッ!

あお
あお

レッツラゴウ😺🐯🦁

神戸どうぶつ王国とは

神戸どうぶつ王国は神戸市中央区のポートアイランドにある動物園です。

大きな駐車場があるので車で行くことはもちろん、神戸三宮から出ているポートライナー(モノレール)でも15分程度で行くことができます。

特色

ネコ科の動物を紹介する前に軽く神戸どうぶつ王国を紹介します。

☆神戸どうぶつ王国の特色☆

ふれあいに特化

通常、動物園は檻に入っている動物を見ることが主流です。しかし、神戸どうぶつ王国は複数のエリアで様々な動物が離し飼いされています。動物園を感じさせない、まるでその場所で自然に生活しているかのようです。少し手を伸ばせばふれあえる非常に近い距離で見ることができます。

■イベント・ショーが充実

30分〜1時間のスパンでイベント・ショーが複数のエリアで行われています。食事をしながらスタッフさんと動物が訓練したパフォーマンスを見られるレストランもあります。イベント・ショー以外にも、うさぎやモルモット等の小動物と触れ合えるタッチコーナー、馬やラクダに乗れるライドコーナーもあります。

 

だしん
だしん

「アジアの森」「熱帯の森」「アフリカの湿地」
等々、、複数のエリアがあって、本当に多くの動物を間近で見られます!
子供だけでなく、大人も楽しめます!

お弁当の持ち込みもOKです。動物を見ながらご飯を食べてゆっくりしたり、イベントや全エリアを隈無く見たりすれば、半日くらい平気でかかるボリューム

こはる
こはる

入場料金やイベント情報等の詳細は公式ホームページへどうぞ!

それでは、お待ちかね!

ネコ科の動物達紹介していきます〜

神戸どうぶつ王国であえるネコ科の動物達

実際に撮ってきた写真を添えて6種類のネコ科の仲間たちを紹介していきます。

ちなみにネコ化は肉食で危険であるためふれあいはできませんでした(泣)

毎日、家で見ている家猫たちとは違い、可愛く見えても実は気性が荒いようです。。。

本気出したら、噛むよッ(ΦωΦ)

こはる
こはる

噛まれても痛く無いんですけどねw

それではいきまーす🔽🔽🔽

スナドリネコ

「熱帯の湿地」エリアで会えるスナドリネコさん!

「漁る(すなどる)」が名前の由来。

泳ぎが上手で魚やカエル、ザリガニを好んで食べることからその名がついたそうです。

つぶらな瞳が可愛いスナドリネコさんですが、ネコ科にしては珍しく爪が引っ込められないことが特徴で体長も60〜80cm程あり大きいです!

だしん
だしん

遭遇したら命を諦めます。。。

ぼのぼのにも物知りなおじさんキャラクターとして出てきますよね。

ビントロング

「アジアの森」エリアで会えるビントロングくん!

パッと見、ネコ科か?と思いますよね。コーヒーで有名なジャコウネコ科のれっきとしたネコ科動物です。

別名、熊猫(クマネコ)とも呼ばれています。

森林に生息しており木の上で暮らしていることが多く、虫や果実を食べているそうです。

見に行ったときは写真の通り、木の上で舌を出してハァハァと暑そうにしていました笑

小柄な中年のオッサンみたいで可愛かったです。

体臭はポップコーンみたいに香ばしい匂いがするんだって!

あお
あお

毛皮・ペット目的の乱獲開発のための森林伐採による生息地の減少が原因で生息数が減少しているそうです。。。

サーバルキャット

「アフリカの湿地」エリアで会えるサーバルキャットちゃん!

筆者の感想としては「えっ!でかッ!?怖ッ!!!」でした。

なぜなら、けものフレンズのサーバルちゃんのイメージが強かったからです。

けもののフレンド

今日も絶好調!

張り切って行こう!

もはや見た目は強そうなチーターのサーバルキャットちゃん。

特徴的な大きな耳聴覚を頼りに獲物を探します。

主に小型哺乳類を捕食していますが、鳥を捕まえるために2〜3mの高さまで跳躍することもあるそうです。

肉食で恐ろしいですが、しなやかで何処か気品の漂う動物でした。

スマトラトラ

「スマトラトラ生態圏」エリアで会えるスマトラトラさん!

さすがにスマトラトラは専用のエリアが用意されていました!

大迫力!かっこいいッ!

こんなに大きいのに、
トラの中では最小の種類なんだって!
おったまげー

こはる
こはる

スマトラ島という島に住むトラの亜種であるスマトラトラはネコ科には珍しく水を嫌わず泳ぎが得意です。

木登りも得意で森の茂みに身を隠して獲物を狙うため他のトラより縞模様が多いのが特徴です!

だしん
だしん

スマトラトラは開発のための森林伐採による生息エリアの減少、さらにジャングルの分断で雌雄が出会う事も難しくなったので、生息数が減少しているようです。。。


ちなみにこの段落では「トラ」と言うワードを17回使いました笑

マヌルネコ

「アジアの森」エリアで会えるマヌルネコ様!

ネコ科の動物の中では最も古い種類というのが最大の特徴でしょう。

だしん
だしん

ぽいぽい!
漂う仙人感が最古の種って感じする!

免疫力が低いことから病原菌の少ない気温の低い高地に生息しているため、フサフサの厚い毛をまとっています。

また、身を隠す場所が少ない高地では、岩陰等から獲物や敵を見る際に、目立たないようにするために目が高い位置に付いていることも特徴。

さらに独特な威嚇行為も特徴です。

「片方の上唇を釣り上げて震わせ、犬歯をむき出しにする」威嚇をすようです。

だしん
だしん

めっちゃかわいいやん(*´ω`*)

スナネコ

「アフリカの湿地」エリアで会える“砂漠の天使”ことスナネコちゃん!

残念ながらこっちを見てくれなくて後ろ姿しか撮影することができませんでした(泣)

がしかし、後ろ姿からでも可愛いことがわかる!

スナネコは野生のネコ科の中では最小で角張った骨格とキュートなお顔が特徴的です。

だしん
だしん

可愛い見た目とは裏腹に鋭い牙荒い気性を持つちょっぴり危険な動物です。決してペットとして飼いたいと思わないで下さい!

見た目は超絶可愛いので、神戸どうぶつ王国が配信している「スナネコチャンネル」を楽しみましょう!

ぜひ神戸どうぶつ王国に遊びに行って下さい!

以上、様々なネコ科の動物に出会えることをお伝えしてまいりました。

是非、スナネコちゃんのご尊顔を拝みに行ってほしいです!

だしん
だしん

だしんもリベンジを考えています!

そして、神戸どうぶつ王国にはなんと!

「ニャンタッチ」という様々な家猫とのふれあいスペースもあるのです(=^・^=)

スコちゃん、ノルウェージャン、マンチカン、ミヌエット、、、etc
僕たちの仲間がたっくさん!

あお
あお

まさに猫好きさんのための動物園と言っても過言ではないでしょう!

もちろんその他にも多くの魅力的な動物と出会えますので!

是非、神戸どうぶつ王国を次のお出かけスポットとして検討してみて下さい。

ほいではさいニャラ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA