雑記

【たこやき】宮たこのレシピを写真付きで紹介🐙生地作りから焼き方まで!宮迫直伝の美味しく作るコツも掲載。

うすー!だしんでーす😄

今日は“ねこ”じゃなくて“たこ”です

さぶッッッ😺🐙

大阪は「一家に一台たこ焼き器」とはよく言ったもので

我が家にも無論、たこ焼き器あります👍

関西人の端くれとして、

たこ焼きパーティもとい

たこ焼き大会

    (たこやきだいかい)

を定期的に開催しております👍

今日はそのレシピ(生地の作り方)焼き方写真付きで紹介していきます〜

先にネタバレすると、

(元?)雨上がり決死隊の宮迫さんのお店の“宮たこ”が美味しかったので

ここ最近は宮たこを参考に我が家ではたこ焼き大会を開催しております😊

それでは、たこ焼き大会開催致します!

レッツラゴウ🐙🐙🐙

レシピ(生地の作り方)🐙

■生地の作り方

肉体労働です😅頑張りましょう😄笑

1.ボウルにたこ焼き粉を入れ、水を少しずつ入れながらかき混ぜる

コツ)水を全部一気に入れてしまうと粉がダマになってしまうので、少量ずつ入れてかき混ぜることを繰り返したほうが良い生地に仕上がります。

2.水を入れながら、卵も合わせて入れていき、更にかき混ぜ続ける

3.水と卵を入れ終えたら、生クリームを入れてかき混ぜる

4.白だしを一回し程度入れる(味見しながら調整)

5.旨味調味料を加える

6.かき混ぜ終えて、生地の味が整っていれば完成

生地はシャバシャバで大丈夫です

心配せずともしっかり固まります😊

宮迫氏曰く、生地が美味しければもう完成とのこと笑

それでは次に焼いていきましょう😊

焼き方🔥

丸く焼いていきますよ〜!

重要なのはたこ焼き器の温度

250℃出る物を準備してください!

250℃出ないと

外側カリッ😆中身トロォ😊

️のたこ焼きに仕上がりません😢

こちらのタイガー製はかれこれ15年くらい使ってますが、未だ現役です

さすが日本を代表する電機メーカー😆

象印のホットプレートもオススメです(宮迫さん談)!

やはり家電は日本製!

それでは、お待ちかね

焼き方を説明していきます🔥

1.たこ焼き器全体に油をひきタコから入れる

2.タコを入れ終わったら、生地をいれていく

コツ)①生地は粉が沈殿するので、投入する前に一度かき混ぜましょう。②生地はたこ焼きの穴だけでなく、プレート全体に流して下さい。丸く焼き上げるためのコツです。

3.みじん切りのキャベツと紅生姜を全体にまぶしていく

4.生地が固まってきたら、外側から、内側へ寄せていく

コツ)①生地を触った時に液が流れている状態では焼きが足りません。ある程度固まるまで待ちましょう。②プレートに傷が付かないように菜箸竹串を使っています。

5.たこ焼きを半返しにしていく

コツ)完全にひっくり返さず、半返しにし、淵に乗った生地を穴へ押し込んでいきましょう

6.淵に生地が無くなり、穴に全て押し込むことができれば、焼き目を見ながら転がしていく

コツ)生地が出っ張っている面を下にしてやれば、綺麗に丸くなっていきます。

7.良い加減に焼き目が付いたら完成!

お疲れさまでした😆

それでは美味しく頂きましよう😊

そのまま食べても美味しいですし、

ソースやポン酢、出汁を作って明石焼き風にするも良しです😄

アッツアツなので火傷しないように気を付けて下さいね😅

“宮たこ”の作り方は、宮迫さんの公式Youtubeチャンネルで割と初期に紹介されています!おもしろトークをしながら、作ってはるので、楽しく学べます😄

コレ見たら、このブログ記事いらんです😁

最後に言うたった笑

皆さんも是非、家でたこ焼き大会して下さい!

関西の家庭では割と普通の光景です😆

ほいではさいニャラまた明日🖐

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA